文化部

家庭部

家庭部
私たち家庭部は、手芸や洋裁で、ドレス、パッチワークキルト、羊毛フェルトなどの様々な作品を作っています。
中学1年生はシュシュ・袋物などの簡単な小物づくりを通して、ミシン縫製の基礎を身につけます。中学2年生からは、ドレス作りを行いなす。中学生はグループで高校生は個人で、デザイン、型紙づくり、裁断・縫製と、試行錯誤を繰り返しながら、オリジナルのドレスを制作します。
また、中学3年生を中心に、パッチワークキルトの制作にもチャレンジしています。毎年1月に開催される東京国際キルトフェスティバルに応募し、入賞することを目指しています。パッチワークは、洋裁とは違い、ほとんどが手縫いで根気のいる作業です。一針一針丁寧に心を込めて縫うことを、代々の先輩から教えられ、引き継がれています。 部員は皆、手芸やお裁縫が大好きです。「好きこそものの上手なれ」の言葉の通り、一生懸命制作に取り組み、上達を実感しながら活動しています。