施設紹介

静岡雙葉の
学校施設をご紹介します。
ゆとりある環境の中で、
生徒たちは
のびのびと学んでいます。
2005年に完成した校舎は、普通教室棟、講堂・体育館棟、聖堂・特別教室棟からなっています。
また、学習や部活動、ミサや行事などを行うための施設や設備も充実しています。
ゆとりある環境の中で、生徒たちは6年間のびのびと学んでいます。

聖 堂

ステンドグラスからの採光が美しい聖堂は、校内で一番静かなお祈りの場所。いつでも、誰でも、ここに来て、神様に話しかけることができます。約200の席があり、1学年4クラスの生徒が一度に入ることができます。学校で丸1日を使って行われる中3、高2、高3の黙想会では、学年のミサを実施。また、中3、高3の卒業時には、感謝ミサも行われます。その他、宗教の授業でも、ここを利用することがあります。

中庭・モニュメント

校舎空撮

創立100周年記念事業として進められてきた新校舎建設も、2006年3月にすべての工事が完了し、新しい学習・生活環境が整いました。1960年代に建設された旧校舎は、駿府城跡にふさわしいお城のイメージで、美しい直線と白い外壁が特徴でした。一方新校舎は、外観にその旧校舎のイメージを残しながらも、耐震性や校内の施設・設備はこれからの時代に十分に適応するものになっています。

普通教室棟

教室
教室
PC教室
PC教室
談話ホール
談話ホール
社会科教室
社会科教室
廊下
廊下

特別教室棟

美術室
美術室
和室
和室
化学室
化学室
調理室
調理室

図書室

蔵書の数は2万7千冊以上。本の貸し借りは、コンピューターにより管理されています。東側の窓から見える駿府城の緑が美しく、生徒の体格に合わせて特別注文した机・椅子は大好評。朝や放課後、生徒たちの自習室としても使われています。

グラウンド

2006年3月に完成したグラウンドは、決して広くはありませんが、テニスコートが3面取られており、生徒たちが走り回るのに充分な広さを確保しています。朝や放課後はソフトテニス部と陸上部の活動場所となります。

体育館

マリア像のある中庭をはさんで、正門の正面にある建物は1、2階が講堂、3、4階が体育館になっています。講堂のすぐ上に位置する体育館は、普通教室棟の3階ともつながっており、体育の授業や運動部の活動の場所となっています。2階(講堂棟4階)のギャラリーはランニングのできる広さがあります。放課後は、バスケットボール部、バレーボール部、創作ダンス部が交代で使用しています。また、7月に行われる高校球技大会では、体育館中が興奮のるつぼと化します。

講 堂

講堂は、座席数約1,200。入学式、卒業式、クリスマスミサ、全校朝礼など、全校生徒が集まる行事はここで行われます。また、毎年5月の学園の日(創立記念日)に一流の音楽家による音楽会が催されるほか、11月には芸術鑑賞教室(演劇や日本の古典芸能)が行われるなど、校内にいながらにして一流の舞台を体験できます。9月の雙葉祭では、演劇部、英語劇部、コーラス部、創作ダンス部、吹奏楽部等の発表場所となり、生徒たちによる感動的な舞台が作り上げられます。

安心のセキュリティ

正門脇の通用門からICカードを使って出入りします。
登下校時、写真のタグを持った生徒が正門を通過すると、保護者の方宛にメールでお知らせします(有料)。