資料請求・お問い合わせ

教育方針

HOME > 教育方針 > 挨拶

理事長挨拶

学校長 渡邉 治世

静岡雙葉学園は1903年の創立以来、校訓「徳においては純真に、義務においては堅実に」を教育の柱として、心豊かで確かな知性を持った女性を世に送り出してきました。本学園は、カトリック精神とこの校訓をもって、一人一人の個性を尊重しつつ、豊かな人間性を備えた生徒を育てることを目指しています。
また、「女性が輝く時代」、女性の活躍する場はこれまで以上に多くなると思われますが、それにはグローバル化が進み、科学技術が進展する社会に相応しい知力や感性が求められます。本学園ではグローバル社会に向けて英語教育は勿論、海外姉妹校との交流などを通して国際社会の多様性を理解・尊重し、日本人としてのアイデンティティーを大切にする教育を、また科学技術の進歩に対しても理数系科目の強化はもとより、外部講師による授業や体験実習などを通して環境・エネルギー問題、生命科学・医療の進歩と生命倫理など、科学技術の「進歩」を肌で感じ、多面的にとらえる教育を進める所存です。
「これからの時代に相応しい知性と感性を備えた女性を育てる」、これが私達の目指すところです。ご理解とご支援を賜れば幸いです。

理事長 榊 佳之

学校長挨拶

学校長 渡邉 治世

中学・高校時代、子どもから大人へ、心も身体も大きく成長する6年間に人間存在の意味を考える時間を持ち「自己も他者もかけがえのない存在」であることを認識し、真の意味での優しさを身につけた精神性豊かな女性を育てたいと考えております。
また、それぞれが固有の使命を持っていることを自覚し、そのための努力を惜しまない姿勢の育成に力を注いでいきたいと考えます。
学習指導・生徒指導・進路指導はもとより生徒会活動や部活動で、生徒が自分の可能性に挑戦し「生きる力」を持った人間として成長できるための6ヵ年一貫した教育活動を進めております。
明るく、伸び伸びと活動する生徒たちの様子をホームページでご覧ください。

学校長 渡邉 治世

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ