雙葉日記

2021.02.28

高3生を送る会

先輩方の後輩になれたことが私たちの誇りです

雙葉日記をいつもご覧くださり、ありがとうございます。

本日の4時間目は生徒会主催による送別会が行われました。

高3生とメディア班のみが講堂に集い、高2以下は各教室のプロジェクターでライブ配信されたものを視聴しました。

コロナ禍のためにライブ配信になってしまったのではなく、この状況を生かして、先輩方の心に深く残るような送別会にしたいという一心で取り掛かりました。昨年12月から送別会の構想を立ち上げ、1月から撮影と準備に入りました。映画仕立ての映像が流れだすと、高3からは歓声が上がりました。生徒会と高1、高2の有志によるダンスも大好評でした。

高3の先輩方、ご卒業おめでとうございます。そして、今までありがとうございました。5年間を共に過ごした先輩方が雙葉を卒業されることは私たちに大きな喪失感を与えると共に、時の流れの早さを感じさせます。先輩方の中でも最も年が近く、親しみやすかった先輩方は、入学当初から私たちにとって特別な存在でした。新しい環境での生活に緊張し、不安や戸惑いを抱いていた私たちに笑顔で優しく声を掛け、分からないことを一つ一つ丁寧に教えてくださいました。私たちはそのおかげですぐに雙葉に馴染むことができ、スムーズに学校生活が営めるようになりました。また、その親しみやすさの一方で、ひとつしか私たちと年が違わないにも関わらず、先輩方の「先輩」らしさに圧倒され、自分たちの至らなさを痛感することも度々ありました。

先輩方の後輩だったからこそ、学べたことがたくさんありました。

先輩方の後輩だったからこそ、今の私たちがいます。先輩方は私たちの自慢の先輩であり、先輩方の後輩になれたことは私たちの誇りです。

敬愛する先輩方が雙葉を去ってしまうことは本当に寂しいですが、私達後輩一同、先輩方から学んだことを礎にこれからの雙葉を創っていこうと思います。今まで本当にありがとうございました。(高2 生徒会副会長 小林三月)

今日は私達のために送別会を開いてくださり、本当にありがとうございました。今からちょうど一年前はコロナのために送別会自体が開催できなくなり、高3の先輩方は教室で動画を視聴する形だけでしたので、今回はたとえ私達高3だけでも学年が揃って講堂に集うことができた上に、場所は違えど中継という形で全校で送別会という同じ時間を共有することができて、本当に嬉しかったです。生徒会が中心になって頑張って制作してくださった映像も、懐かしい写真や退職された先生からのビデオレターもあり、友人とたくさん笑いながら6年を振り返ることができました。例年のように古典劇や学年の出し物ができない代わりにビデオ内でダンスを披露してくれたり、部活動で写真を撮ってくれたりと、温かな心遣いがとても嬉しかったです。皆さんは来週から始まる後期期末考査を控え忙しい中、私達のために時間を割いてくださったことに感謝しています。高3最後のイベントといえば送別会なので、今日このような形で会を開いていただいたことで心おきなく卒業することができます!今日は本当に楽しい時間を有り難うございました。(高3生代表 舘林杏)

一覧はこちら