雙葉日記

2019.11.05

高1 チャリティバザー

全校生徒から集めた文房具を販売し、売り上げをフィリピンの子供たちのために寄付します

10月23日(水)~25日(金)の放課後、高1の学年企画のチャリティバザーを行いました。これは先日の講堂朝礼で「トビタテ留学JAPAN」のスリランカ留学の報告をした東組の瀬山さんの呼びかけに応じて、同学年の生徒たちが企画したものです。バザーの形態をとることにより、生徒たちがより楽しく海外への募金を行えること、また文房具の再使用を通じて消費者のロス軽減を目指しています。

高1生たちは「あまりものを、おくりものに」というキャッチコピーのもとポスターを作成し、事前に全校生徒に呼び掛けて未使用の文房具を回収しました。そして、それらを4F談話ホールや2F靴箱前で販売しました。様々な学年の生徒や、教職員も売り場を訪れ、連日、放課後の校内が賑わっていました。

このバザーでの売上金はフィリピンの子供たちへの文房具の輸送代と寄金に充てられます。現地の子供たちの学びの環境を整える一助となりますように。

一覧はこちら