雙葉日記

2020.02.18

高1・高2 国語(共通テスト対策)出張講義

資料読解型の国語の問題の解き方を学びました

2月6日(木)の放課後、視聴覚室にて、高1・高2生の希望者を対象とした、国語の出張講義が行われました。明治大学教授の石出靖雄先生をお招きし、新方式の「大学入学共通テスト」の国語の資料読解型問題の解き方を教えていただきました。生徒たちはあらかじめ、石出先生ご執筆の問題集『資料読解 記述式問題集』(明治書院)の中の、「食料ロス」についての複数のグラフや資料を用いた問題を解いた上で講義に臨み、先生に解き方を解説していただきました。

生徒たちは集中して講義に臨んでおり、特に「受験ゼロ学期」といわれる高2にとっては、これから受験生になっていくにあたって意識を高めることができたようです。

◆参加した生徒の感想より◆

・資料の読み取りにおいて、いかに簡単に素早くできるかということを考えてしまいがちでしたが、広い視野をもって一つ一つを結び付けながら俯瞰するということの大切さがわかりました。

・一つの視点にとらわれず、多くの視点から物事を考えることが必要であると感じました。そしてそれを行う為には沢山の知識、教養を身につけることが大切だと思いました。

一覧はこちら