雙葉日記

2021.02.24

高1コース発表会

興味の翼を広げて

雙葉日記をご覧くださり、ありがとうございます。

今日は、高校1年生によるコース発表会が行われました。この1年間、それぞれのチームがそれぞれのテーマを設定し、今日の発表会に向けて一生懸命準備をしてきました。

【生命科学コース】全体発表会のあと、分離発表会が行われました。調査探究型と実験探究型に分かれ、この1年間をかけて探究した大きなテーマについて発表を行いました。今回の中間発表会は、アドバイザーの先生方を迎えて、お互いに良いところを学び合い、刺激し合う目的で実施しました。臓器移植に対する意識を在校生だけでなく、他校生や保護者の方にまで範囲を広げて調べたチーム、幼児の描く絵の発達を幼稚園に依頼して調べたチーム、標識や看板の赤い色が特に色褪せていることに注目して、そのメカニズムを追求し続けているチームなど、それぞれの研究活動で積極的に外部へ出ることや社会とのつながりを意識した発表がありました。ここで得た学びをもとに、お互いに課題研究を深化させていくことを期待しています。

【科学技術コース】グループごとに作成した、「社会に役立つロボットモデル」のポスター発表を行いました。色や距離、圧力など、様々な状況を読み取るセンサーを用いた「ロボット」が、与えられた条件に「反応」することによって、自動運転・ダンス・ロボットアーム・金庫のロックと解除・物の分別・ゲームの提供など、多彩な動きを表現しました。各班のロボットは、社会に役立つという視点で自由に制作を行ったため、発表ではロボットを作成した目的やプログラミングの流れを示すアクティビティ図、さらにそのロボットがどのような場面で役立つかについての説明が行われました。今回の発表を見学した中学三年生たちは、社会のさまざまな場面でプログラミングが活用されていくことを実感するとともに、情報社会を生きるということについて考える良い機会となりました。

【社会科学コース】…一人ひとりが設定した独自のテーマで論文(本文のみで4000字以上)を作成し、高2の1月に提出する計画です。今回の発表会では、論文作成に向けて自分が選んだトピック(論題)を簡単に説明した上で、そのトピックを選んだ動機を語り、最後に作成した「問いのフィールド」に基づき、論文で特に明らかにしたい問いについて説明しました。生徒たちが選んだトピックは昆虫食、肉食依存、人口減少、貧困、難民問題、児童虐待、いじめ、差別、スマホ依存、薬物依存、色彩心理、世界の童話の普遍性、現代アート、アパレル業界の危機、日本人の宗教心、…と非常に多岐にわたりました。お互いの発表を参考にして自身のテーマ設定を見直すと共に、4月までの「やることリスト」を書くことで論文作成のスタートラインに立つことができました。

【国際教養コース】…「国際社会に貢献できる人になる」を目標に、2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の17の目標から一つを選び、プレゼンテーションを行いました。今日の発表会では全7チームが15分~20分で主張を述べました。貧困・ジェンダー平等・差別・水・エネルギーなど、自分たちが選んだテーマに沿って、多くのステップを重ねながら準備をしてきました。世界の諸問題を自分ごととして捉え、国際人として英語で主張を発信したいという熱意溢れるプレゼンテーションでした。静岡大学の留学生と先生、国際交流担当者の方が来校され、質疑応答の他、多くのアドバイスとコメントをいただきました。

一覧はこちら