雙葉日記

2020.04.20

花々の息遣い

月曜日、週の始まりに

全国に緊急事態宣言が出されて初の週末が明け、月曜日を迎えました。さまざまなニュースや情報で溢れんばかりになっている毎日かと思います。

そのような中、千葉県佐倉市の「チューリップ80万本、無念の刈り取り」のニュースは衝撃でした。新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、約100種、80万本のチューリップを全て刈り取ったと。毎年恒例の「チューリップフェスタ」は中止となったものの、咲き誇るチューリップの見たさに人々が集まってしまい、密集の危険を回避するための苦渋の決断だったそうです。

80万本の失われた花のいのちを想い、胸が痛みました。刈り取られ、土に横たわるチューリップを見たとき、せつなさがこみあげてくるのを抑えられませんでした。

オランダのチューリップ、インドのユリやキクなど外国の花の名所でも、同じように廃棄が行われているそうです。いつになく草花のいのちに心が惹きつけられました。

生命は尊いものである。しかし空気に似て、なければ生きてゆけないが、有る時にはその存在を意識しないことが多い。だから時に、その存在に気付かせられるような苦しみ、災難が与えられるということは、生の価値を認識するありがたい機会となるのだ。

(「愛をこめて生きる」渡辺和子)

ごらんよ空の鳥 野のしらゆりを

まきもせず、つむぎもせずに

やすらかにいきる

こんなに小さな いのちにでさえ

こころをかける 父がいる

友よ、友よ、今日も讃(たた)えて歌おう

すべてのものにしみとおる

天の父のいつくしみを(聖歌27ページ「ごらんよ空の鳥」)

.

一覧はこちら