雙葉日記

2020.07.17

聖書朗読 「毒麦のたとえ」

神様の寛容さ

週末は聖書朗読で朝を迎えました。今日の福音は先週の「種まきのたとえ話」の続きでした。畑で良い麦と毒麦が混じって生えてきたが、主人が『刈り入れまでは両方とも育つままにしておきなさい』としもべたちに言っている箇所です。このたとえは「なぜあなたは罪びとと親しくするのか、罪びとを弟子にしておくのか」という批判に応えてイエス様がしたたとえ話でした。

その時良くないと思われるものも、周囲とのかかわりや自分自身の変化に従って良い方向に導かれることがあるということを確信できるたとえ話だと思います。

「ある人が良い種を畑に蒔いた。人々が眠っている間に敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いていった。芽が出て、実ってみると毒麦も現れた。しもべたちが主人のところに来て言った。『旦那様、畑には良い種をお蒔きになったではありませんか。どこから毒麦が入ったのでしょう』主人は『敵の仕業だ』と言った。そこで、しもべたちが『では、行って抜き集めておきましょうか』と言うと、主人は言った。『いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。刈り入れの時「まず毒麦を集め、焼くために束にし、麦の方は集めて倉にいれなさい」と、刈り取る者に言いつけよう』」

(マタイによる福音13章24~30節)

たとえ私たちからは良くないもの、悪いものに見えるものも神さまはいつくしみ深くそれらが良いものに変わる可能性を見ていてくださいます。神さまは、罪深さを認めるへりくだった心を持つことを大切にしてくださいます。今という瞬間を大切にし、感謝の中で毎日を過ごしていけますように。

一覧はこちら