雙葉日記

2020.12.24

生徒会の活動

浅間神社の清掃活動をしました

雙葉日記をご覧くださっている皆様、いつもありがとうございます。

今日は前回のハロウィンでのランタン作りに続き、生徒会の活動をお伝えしようと思います。

先週は後期中間考査の期間でしたが、その最終日となった11月27日の金曜日、午後の時間を使って生徒会主催の「CLEAN DAY」が開催されました。今回の清掃活動では、「浅間神社」「神部神社」の御本殿と、祈祷の際に使用する「大拝殿」との間にある内庭の清掃を行いました。本来ならば立ち入ることのできない神聖な場所ということで、生徒たちは全員お祓いを受けてから活動に取り組みました。

草取りに落ち葉集め、竹ぼうきによる掃き掃除などを行いました。普段の“掃除”という意識ではなく、お仕え(奉仕)する気持ちをもって丁寧に取り組むことができました。

終了後は、「大拝殿の天井絵」についての説明など、神社にまつわる説明をしていただくことができ貴重な時間となったことに加え、奉仕活動のお礼としていただいた「合格鉛筆」は、宝物になりました。

今回の企画・実施にあたり、生徒会長の藤田早葵さんのメッセージを紹介します。

「まず、新型コロナウイルスの影響で、例年行われていたあしなが学生募金や盲導犬育成のための募金活動が次々と中止になってしまったことがきっかけとなりました。そこで、コロナ禍でも実現可能な活動を生徒会で模索することにしました。まずは、自分たちの近くのものや場所、つまり足元をしっかりと見つめようということになり、日頃私たちがお世話になっている地域の清掃活動を行いたいという考えに至りました。この『CLEAN DAY』が、他学年との交流の場になると同時に、今回参加してくださった皆さんや、この活動を知った生徒の皆さんが、地域に感謝の気持ちを持つきっかけとなってくだされば嬉しいです」

一覧はこちら