雙葉日記

2019.11.18

死者の月のミサ

亡くなった方々を思い、祈りを捧げました

カトリック教会では、11月を「死者の月」として、亡くなられた方を偲び、祈りを捧げる習慣があります。これに倣い、本校では16日(土)オープンキャンパスの午後に、カトリック静岡教会の和野信彦神父様の司式のもと、特にこの一年で、家族や親しい方が亡くなられた本校の生徒、生徒の保護者、職員、学校関係者の方々が聖堂に集まり、「死者の月」のミサを行ないました。

亡くなられた方々を偲び、皆様とともにお祈りすることができましたことを感謝いたします。

.

一覧はこちら