雙葉日記

2019.10.01

後期始業式

これから始まる宿泊行事の機会も生かして、「祈り」と「学び」を大切にしていきましょう

10月1日(火)、後期始業式が行われました。この日から制服の夏服・ジャンパースカートの併用期間が始まり、装い新たに全校生徒が講堂に集いました。

理事長先生からは、年度の後半のスタートにあたり、「受け身の姿勢ではなく、自分の中で仮説を立てて主体的に学び、新しい世界を広げていってほしい」というメッセージをいただきました。

校長先生の講話では、全校生徒で「主の祈り」を唱えた後、「お祈りは、自分の心の底からの願いとしてだけでなく、神様の心を聴くためのものでもある」ということを教えていただきました。そして、「誰かのために祈る」ことを大切にするようにとお話し下さいました。

来週からは、各学年が宿泊行事に参加し、自分のことで精一杯になりがちな日常を離れ、新たな学びを得る機会となるでしょう。家族や友人、そして現代社会に思いを馳せ、「平和」についてじっくりと考える、そんなひと時を大切にし、内面的な成長につなげていってほしいと思います。

一覧はこちら