雙葉日記

2021.01.26

保育実習

オンラインの保育実習に挑戦しました

雙葉日記をいつもご覧くださり、ありがとうございます。

本校では、高校2年生は毎年、聖母幼稚園で保育実習を行っています。例年ならば幼稚園に伺い、園児と触れ合うことを目的として準備をして臨んでいます。今年度は感染症対策を講じながら、何とか直接交流ができるように取り組みを考えて準備をしてきました。しかし、警戒レベルが上がり、直接の交流を図ることはは難しいと判断し、最終的にオンライン交流という形での実施となりました。

高2の生徒たちはこの新しい試みに対して前向きに受け止め、どのようにしたらオンライン上で園児と楽しんで交流できるか、柔軟な発想を持ち、楽しみながら準備をしてきました。

本日が初日でした。高2東組の生徒たちが2、3時間目を利用して聖母幼稚園とのオンライン交流を行いました。生徒たちの感想を紹介します。

普段周りに小さい年齢の子どもがいないため、どこまでのことができるのか、判断するのが難しかったですが、臨機応変に対応できたと思います。どんなことにもすぐ返事を返してくれるので、とてもやりやすかったです。画面越しであっても楽しい時間になっていれば嬉しいです。親戚の小さな子供と今後遊ぶ機会もあると思うので、今回大切にした声色、テンション、言葉遣いを意識していこうと思います。外出時も近くに小さい子がいたら少し注目してみようと思います。小さな子に対し積極的に行動していきたいです。

私はダンスを教える担当でした。幼稚園児に分かりやすく伝えるのはとても難しかったですがテンションをなるべく上げて頑張りました。急遽復習のために歌うことになった時はとても緊張しました。私は将来伝える仕事をしたいと思うので、相手の事を考えて、どのように伝えれば最適かを模索し、今日のように対応していくことができたらいいなと思います。

一覧はこちら