雙葉日記

2020.06.16

中一 学習ガイダンス

試験勉強の進め方について学びました

雙葉日記をいつもご覧いただき、ありがとうございます。今日は、昨日に比べ多少は過ごしやすいように思える一日でした。

本日、6・7時間目、中学一年生は「学習ガイダンス」の3回目を行いました。1回目はオンラインで「生活の記録」の記入の仕方について学び、2回目は「生活の記録」の記入の仕方の復習をしていきました。次のポイントに沿って毎日記録することを習慣化していきます。

1毎週決まっている予定(習い事など)の記入

2就寝時間の固定

3休日の起床時間の固定(平日と大きく変わらないように)

4夕食の時間の記入(だいたいの時間)

5学習時間(90分~120分を目安に)

6自由時間の設定(趣味など)

計画通りに進むと、達成感や充実感を味わえることを実感でき、その実感が自信に繋がっていきます。

本日の3回目の学習ガイダンスでは日頃の学習において大切なことに加え、試験前に必要な勉強があることを学んでいきました。復習や家庭学習のしかたをそれぞれ紹介し合い、参考になることをメモしていきました。

6月30日(火)から三日間にわたって実施される「前期中間考査」に向けて、「生活のしおり」13ページの定期試験の受け方・注意事項を読みながら試験の受け方について学びました。各教科から出された試験範囲一覧プリントを見ながら、やることリストを作成していく準備に入ります。何から始めるか優先順位を自分でつけながら、試験までの期間内に範囲分を復習できるよう、計画を立てていきます。ガイダンスの終盤では「カウントダウン実行計画表」が配布され、緊張感が高まります。先輩方の計画の立て方を参考にしながら自分の計画表を一生懸命作りはじめました。

3回にわたる学習ガイダンスを通して、生徒たちの感想です。

・雙葉に通って約2週間が経ちました。色々な宿題が出て、忙しくて大変でした。何もかも投げ出してしまいたくなることもありました。そんな時、学習ガイダンスで友人や先輩の取り組み方について具体的に知ることができました。良い部分はさっそく真似して、よりよい勉強方法を見つけ、自分のものにしていきたいです。

・科目ごとに違った復習の仕方、試験対策の方法があることが分かりました。図書館でやると集中しやすそうなので、これからやってみたいです。具体的に書かれた先輩のやり方は説得力がありました。今までの自分の勉強のしかたの良いところと悪いところもよくわかりました。友人のやり方を参考にすると自分に近い環境の中で自分にもできそうなことが見つかりました。

・今日から試験2週間前になってとても焦っていました。私は2週間前から本気でやればいいや、と思っていましたが、2週間では完璧にできないということが分かりました。期末考査は時間をかけてコツコツやっていきたいです。授業の集中力も大事だと思いました。

・先輩からの学習アドバイスを読んで、今までは授業でやったことを覚えたり、問題集をすすめることを中心にしていましたが、予習や復習を中心にすると授業が無駄にならず、ためになることが分かりました。試験までの計画を立てると、何をすべきか、何からやるのが効率的か、明確になり良かったです。

実際に学校に通いだしてまだ2週間ですが、静岡雙葉での一日一日を大切に過ごしています。

.

一覧はこちら