資料請求・お問い合わせ
FBJCの集い

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > クリスマス訪問

2017.12.20

クリスマス訪問

施設の方々と、心温まるクリスマスの時間を過ごしました

 14日(木)の午後、生徒たちは、静岡県内にある25ヶ所の病院・老人ホーム・授産施設などの福祉施設に「クリスマス訪問」に出かけました。高1・高2の小羊委員や希望者をリーダーとして、中一から高2までの生徒が訪問先ごとに分かれ、1ヶ月以上前から歌やゲーム、プレゼントの準備をしてきました。
 部活動単位で訪問するグループは楽器演奏、ダンスや劇など、普段の活動内容を生かした企画も採り入れました。またこれ以外にも、小羊委員の呼びかけで、生徒全員が1人2枚ずつクリスマスカードを手作りしたり、訪問費用に充てる「クリスマス献金」や、施設に贈るための石鹸やタオルを集めたりもしました。どの施設でも皆さんがこの日を楽しみに待って下さっていたのが伝わってきて、最初は緊張していた生徒たちも、入所者の皆さんと一緒に歌ったり作業やゲームをしたりすることで、しだいに笑顔が増えていきました。施設の皆さんの中には、クリスマスカードを受け取って涙を流して喜んで下さったり、いつまでも手を振って見送って下さる方々もいらして、生徒たちも自然に温かい気持ちになりました。
 訪問に行かない高校生は、駿府城公園の清掃を行いました。風が強く寒い中でしたが、皆熱心に清掃作業を行っていました。
.

「ルーチェ仰陽」にて。施設の方々と一緒に、折り紙を使って、ちぎり絵でクリスマスツリーの大きな絵を完成させました。

「かなの家」にて。「アブラハムの子」など、皆で一緒に楽しめるような歌や踊りを披露しました。(日本文化研究部)


「ヴィヴァーチェあしくぼ」にて。ミュージカルのワンシーンを、実際に衣装を着用して披露しました。(コーラス部)

「ヴィヴァーチェあしくぼ」にて。施設の皆様にはポップコーンメーカーをプレゼントし、生徒たちが早速実演して、できたてのポップコーンをふるまいました。


一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

FBJCの集い

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ