資料請求・お問い合わせ

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 台湾暁明女子高等学校による学校訪問

2017.10.25

台湾暁明女子高等学校による学校訪問

交流校締結セレモニーが行われ、より一層の友好を誓いました

 19日(木)に、台湾のカトリックの女子校「暁明女子高等学校」の生徒50名が来校しました。暁明女子高校と本校とは2014年から交流を始め、今年で4回目になります。

 暁明女子高校の皆さんは午前中から来校しました。4時間目には、講堂で高1生徒たちによる「歓迎セレモニー」が行われました。まず「交流校締結セレモニー」として、両校の校長先生が挨拶されました。本校の渡邉校長先生は「互いに生かしあいながら新たな価値観を生み出していくことが大切」と、暁明女子高校の校長先生は「お互いのことを理解し、友情の橋をかけることに意味がある」と述べられました。その後、交流校としての締結書に署名し、記念品交換がなされました。
 続いて「生徒交流セレモニー」が行われました。暁明女子高校の皆さんは、日本の歌「花〜すべての人の心に花を〜」(喜納昌吉 作)の合唱を披露し、またパワーポイントやショートムービーを用いて、学校の活動を英語で紹介してくれました。丁寧な準備を感じさせる素晴らしい発表に、本校の生徒たちは大きな拍手を贈りました。本校の生徒たちは、校歌と聖歌を心をこめて合唱しました。
 教室で一緒に昼食を食べた後は、5・6時間目の授業に参加していただきました。中一・中三・高1・高2の様々な科目の授業を、本校生徒と一緒に受けました。昼食の時間を一緒に過ごしたこともあり、お互い自然に笑顔が出て、終始和やかな雰囲気で交流することができました。
 7時間目は高3の生徒たちの案内で、探究活動見学をしていただきました。ハープ・競技かるた・茶道・聖歌隊の4つの探究の活動の様子を見ていただき、和室では茶道のお点前の体験もご用意しました。
 本校での学校訪問体験の後、暁明女子高の生徒たちは、本校の中一・中三、高1・高2の生徒の各家庭に宿泊し、ホームステイ体験として日本の家庭での交流もしました。
 台風の接近もあり、心配いたしましたが、翌日無事に東京に出発しました。ご協力いただいたご家庭の皆様、どうもありがとうございました。
.

交流校締結セレモニーの様子。両校の校長先生が、締結書に署名されています。

生徒交流セレモニーの様子。暁明女子高校の皆さんが、歌を披露してくれました。


高1の生徒たちは、校歌と聖歌を合唱し、歓迎の気持ちを表しました。

お弁当を一緒に食べました。暁明女子高校の皆さんから、素敵なメッセージカードをいただきました。


 暁明女子高校の皆さんは毎年の訪問を通してとても本校を気に入って下さっており、今回来校した皆さんも、訪問の希望者が多かった中、高い競争率の選抜を通ってきている生徒たちばかりで、大変熱心に本校を見学し、本校の生徒たちとコミュニケーションをとっていました。本校の生徒たちにとってもよい刺激となり、思い出に残る一日になったようです。
.

数学の授業を一緒に受ける様子。教員の説明を、英語に直して伝えています。

皆で記念撮影もしました。


茶道のお点前体験の様子。

ハープの演奏を披露する様子。


一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ