資料請求・お問い合わせ

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 高2 研修旅行

2017.10.20

高2 研修旅行

さまざまな視点から「知る」ことを大切にし、見聞を深めることができました

 10日(火)〜14日(土)の4泊5日の日程で、高2学年が研修旅行に出かけました。季節外れの暑さこそありましたが、予想されていた雨にもほとんど見舞われず、快適で充実した研修を終えることができました。行程は以下の通りです。

◆1日目(広島)◆
・広島平和記念公園、原爆ドーム、原爆資料館
・宮島、厳島神社

◆2日目(山口)◆
・萩 または 津和野 にて見学、サイクリング
  萩 …松陰神社、松下村塾、伊藤博文別邸など
  津和野 …西周旧居、森鷗外旧居、森鷗外記念館、乙女峠マリア聖堂、永明寺(ようめいじ)など
・秋芳洞、秋吉台

◆3日目(長崎)◆
・カトリック黒崎教会 
・カトリック出津教会、出津文化村
・聖母の騎士修道院(長崎市本河内)

◆4日目(長崎)◆
・浦上天主堂
・長崎市内班別研修
  日本二十六聖人記念館、長崎原爆資料館、如己堂、大浦天主堂など

◆5日目(長崎・福岡)◆
・カトリック大浦教会
・太宰府天満宮
.

広島原爆資料館にて。実際に被爆した方(川本省三様)のお話をうかがいました。

厳島神社にて。宮島の絶景や、可愛らしい鹿たちとの出会いも楽しみました。


津和野でのサイクリングの様子。晴天の下、古き良き街並みを堪能しました。

秋吉台にて。石灰岩による日本最大のカルスト地形の広がりは、まるで草原の中の羊の群れのようです。


 研修旅行の目的は、「宗教・歴史・自然に触れる学びの場であること」「互いに高めあう自己の成長の場とすること」という2つの柱で構成されています。これらの目的を一人一人が心に留め、行動することができるように、今年のスローガンには「known」を掲げました。

◆スローガンについての、生徒の振り返りより◆ 
・「知る」ということを心から楽しみ、積極的に行うことができた。同時に、己の無知さを自覚し、さらなる知への関心と意欲がわいてきた。
・初めて訪れる地について事前研修を踏まえて実際にその地を訪れることでしか味わえないものを知ることができた。
・班行動が多い分、互いに自分の役割を果たそうとすることで、自分たちの能力を十分に発揮できるのだと知ることができた。
・自分自身が成長できただけではなく、友達に多くのことを支えられているのだなと感じることもできた。
.

ホテルでの夕食風景。一日の思い出を語りながら皆でいただく食事は格別です。

黒崎教会にて。ド・ロ神父様が建設に関わられた教会で、黒崎の地は遠藤周作の小説『沈黙』の舞台にもなっています。


出津文化村にて。キリシタン禁教の時代に迫害を逃れて移り住んだ出津の人々を救ったド・ロ神父様の生涯や業績について学びを深め、シスターにもお話をうかがいました。

聖母の騎士修道院にて。高1研修会の時にもお世話になった、山口雅稔神父様のお話をうかがいました。


以下、生徒の感想を紹介します。

◆生徒の感想(一部抜粋)◆
・……「戦争」は日本国内でも起こっていた。たとえば、キリシタン弾圧である。禁教令の脅威はすさまじかった。何万人という人々が人間とは思えない扱いをうけて死んだ。「殉教」という言葉では言い表せぬほど、凄惨をきわめていた。この渦に巻き込まれたのは日本人だけではない。外国の神父も、ある者は国内、ある者は収容所内、ある者は故郷で殉死した。驚くべきことは彼らの信心深さである。理不尽な死さえ、神の名において甘受し、最期まで愛を忘れなかった。清廉にして強靭な信仰心を持つ老若男女の闘いは、長い年月を経てようやく勝利へ帰着した。様々な教会を訪れ、信徒の苦悩や清純さをそのまま昇華した内装や像たちは、現代の私たちに、芯の通った、愛のある、清らかな心を持ちなさいと訴え、微笑んでいた。
・この研修旅行で、私は、何事も、本物に触れることでしか得られないものがあるということを一番感じました。今世界には様々な資料や文献があり、パソコンやスマートフォンからインターネットにつなげば、自分が知りたいものをその場ですぐ調べることが可能です。しかし、ネットの膨大な情報の中には当然間違った情報や古い情報も存在します。それに対して、本物から得られる情報には嘘がありません。また、自分の目でしっかりと見たという感動もあります。それを最も感じたのは、広島・長崎での平和学習でした。負の遺産は人に楽しさや喜びを与えるものではありませんが、それと同等に人が大切にしなければならないことを伝えてくれます。思わず目をそらしたくなってしまうけれど、そこで得た感情を大切にしていきたいです。
.

浦上天主堂にて。事前に読んだ「女の一生」(遠藤周作)の内容を胸に、隠れキリシタンの人々に思いを馳せました。

長崎市内班別自由研修の様子。班ごとにルートを決め、路面電車も使いながら、長崎の街を散策しました。


カトリック大浦教会にて、地元の信者さんたちとともに、早朝ミサにあずかりました。

太宰府天満宮にて。学業成就を祈願してきました。


一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ