資料請求・お問い合わせ

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 前期終業式

2017.09.28

前期終業式

一日一日の積み重ねを大切にして、後期につなげていきましょう

 28日(木)、講堂にて前期終業式が行われました。初めに各方面での表彰の伝達が行われ、続いて、理事長先生と校長先生からお話をいただきました。
 理事長先生は、先日行われた雙葉祭について、素晴らしいとのお褒めの言葉を下さいました。成果はもちろんのこと、そこに至るプロセスにも注目され、一つ一つ積み上げながら物事をやり遂げることはとても貴重な経験だとおっしゃいました。そして、「一日一日を大切にしなさい。一日のわずかな違いが、人生全体の大きな違いになる」というデカルトの言葉を引用され、この言葉からも積み重ねの大切さを心に留め、また新しい一歩を踏み出していってほしいとのメッセージを下さいました。
 校長先生は、先月末に本校に宛てて頂いた、ある老夫婦の方からのお手紙を紹介されました。
「ある日のJRの電車内にて、混雑してなかなか席が空いていなかったが、本校の高校生の生徒が、空いた座席ができた時にすすんで声をかけてくれた」という内容でした。この終業式の後、ホームルームで配られる通知表の数字は客観的評価であり、一人の人間の評価のほんの一部にすぎないということ。その一方で、このような感謝の言葉は数字では表れない評価であるということをお話下さいました。このことから、私たちは多面的なあり方で成り立っているのであって、誰かと比較するものではなく、次に何をする必要があるのかを模索していくのだということを教えて下さいました。
 講話の後に、昨年8月から1年間スイスに留学した高2の生徒と、この9月から同じく高2学年に所属するアメリカからの交換留学生とのプレゼンテーションがありました。

 式の後は、各教室で後期ホームルーム委員選挙が行われ、選挙管理委員を中心に、委員長、副委員長をはじめとして常任委員が選出されました。その後、前期の通知表を担任の先生より受け取り、今日の校長先生のお話にあったように、それぞれが前期までの取り組みの結果を受け止め、後期への課題を考える時間となりました。

高2生徒の留学プレゼンテーションの様子。

終業式後に行われた、中一の後期ホームルーム委員選挙の様子。皆の前で、それぞれの委員が抱負を語ります。


一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ