資料請求・お問い合わせ

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 中三・高1 スーパーグローバルセミナー

2017.09.26

中三・高1 スーパーグローバルセミナー

高校生の英語学習についての講演

 21日(木)の放課後、講堂にて、中三・高1の希望生徒および保護者の方対象の「スーパーグローバルセミナー」が行われました。これは「変化していく社会、大学入試改革に伴い、高校生の英語学習はどのように変わるのか」ということをテーマとした講演で、中三と高1の希望者の生徒と保護者、合計約300名が参加しました。
 2021年度入試より「大学入学共通テスト(仮称)」(現行の「大学入試センター試験」に代わる入試形態)が導入されますが、この「共通テスト」の英語については、大学入試センターが入学者選抜における必要な水準や要件を満たしていると認定した、民間の資格・検定試験を活用することになります。
 このような変化への対応は、私立大学でも徐々に始まりつつあります。そこで、高校生のこれからの英語学習について、ベネッセコーポレーションの講師の加納学さんに講演をいただきました。
 加納さんは、「これからの人に求められていくのは『まだない答えを導き出すこと』であり、それは人工知能では解決できないものである」ということを強調されたうえで、
1.現中三・高1生の進路についての一般知識
2.大学受験での英語の出題内容
3.大学受験での外部検定活用(各種外部検定の違い、大学入試での具体的な活用事例など)
4.大学入学後の留学について
という4つのポイントについて、お話し下さいました。
 そして、大切なのは「授業で英語を鍛えていくこと」「自分が行きたい大学を持つこと」「自分で考え、自分の意見を持つようにすること」であるというメッセージを生徒たちに下さいました。
 参加した生徒たちにとっては、自分が今取り組んでいる学習について、「大学入試を視野に入れ、主体的な姿勢で行っていこう」というように意識が高まり、よい刺激を得られたようです。
.

講演の様子

一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ