資料請求・お問い合わせ

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 競技かるた部 全国高等学校総合文化祭出場

2017.08.31

競技かるた部 全国高等学校総合文化祭出場

全国の強豪選手の中で、ベスト16を勝ち取りました

 7月31日から8月2日にかけて、宮城県塩竈市にて行われた、全国高等学校総合文化祭 小倉百人一首かるた部門に、本校競技かるた部より、高3の秋元紫甫さんが静岡県チームの代表選手として出場しました。
 この大会は、「文化部のインターハイ」とも例えられ、全国の高校生の芸術文化活動の最大の祭典であり、競技かるたもその一部門となっています。秋元さんの静岡県代表への選出は、昨年の広島大会に続き、2度目になります。
 県内5校から集まった8名の精鋭の選手達が、チームの結成からこれまで、個人の技術を磨きながら、団結力を育み、チームとしての力を高めてきました。静岡県チームは、予選リーグを1位で通過し、決勝トーナメントに進出しましたが、ベスト8を賭けた戦いが優勝した東京都チームとの対戦となり、健闘しましたが、惜しくも敗れました。しかし、全国の強豪選手達と白熱した試合を繰り広げる中で勝ち取ったベスト16という結果は立派でした。
.

静岡県チームで円陣を組む様子

試合中の秋元さん(左)


◆秋元さんの報告より◆
 昨年以上の結果を目指して臨んだ今回の大会でしたが、決勝トーナメント進出戦での敗退となりました。試合に負けた時は、悔しい、悲しいなどという気持ちより何よりも、もっと強くなりたい、強くなろうと思いました。
 また、このメンバーで戦うことができて本当に良かったと思いました。今回は3年生と2年生の混合チームでしたが、2年生達に3年生の想いを託すことができたとは思うので、2年生には来年さらに上を目指してもらいたいです。
 共に戦ったメンバー、これまで応援してくれた家族や友達、支えてくれた先生方など、皆に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
.

一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ