資料請求・お問い合わせ
FBJCの集い

雙葉日記

HOME > 雙葉日記一覧 > 中二 シンガポール姉妹校研修 事前研修

2017.03.24

中二 シンガポール姉妹校研修 事前研修

自分の視野を広げ、経験を深めます

 春休み期間中の3月26日(日)〜31日(金)の5泊6日の日程で、中二の生徒10名が、シンガポール姉妹校研修に臨みます。この研修は、アジアの人々とのつながりを学び、民族の違いにとらわれず理解を深めることをはじめ、新しいことに挑戦すること、いろいろな人と交流し、自分の考えを伝え、相手の考えも理解するなど、自分の能力や可能性を伸ばすことを目的として、毎年春休みに実施しており、今年で6年目になります。
 研修に参加する10名の生徒たちは、2月上旬からランチミーティング(お弁当を食べながら、メンバーと交流を深めます)に参加したり、事前研修を受けたりするなど、研修に向けての準備を行いました。以下に、事前研修の内容を紹介します。。

1.英会話事前研修(2回)
 ネイティブスピーカーの先生方3名から英会話のレッスンを受けました。1人の先生につき3〜4名という少人数での学習で、現地で使える英語力の向上を図りました。
2.宗教科事前研修(1回)
 本校の設立母体であるカトリックの女子修道会「幼きイエス会」のシスター、マザーマチルドの足跡をたどりました。マザーマチルドは、1872年に初めて来日する前に、マレー半島で活動していました。
3.社会科事前研修(2回)
 シンガポールの地形や気候の特色、イギリス植民地時代から日本占領、独立し現在に至るまでの歴史と、それを踏まえた民族構成や国際関係などを学びました。

 シンガポールへ行く生徒たちは、積極的にこれらの事前研修に取り組んできました。いよいよ出発の日が迫ってきました。以下に、研修に臨むにあたっての、生徒たちの意気込みを紹介します。

*シンガポール研修では、自分の視野を広げ、経験を深めるために、「何事にも興味を持ち、考える」ことを意識して臨みたいです。特に、たくさんの民族が暮らすシンガポールの多様性に触れることが楽しみです。文化的な建造物など見て、ただ感嘆するだけではなく歴史などその背景にも考えを巡らせ、多くのことを得て帰国したいです。
*英語力は未熟でも、それに臆することなく積極的にコミュニケーションを取りたいです。失敗を恐れる気持ちの強い私は、この研修を機に、様々なことにどんどん挑戦していけるようになりたいです。シンガポールの多様な文化に触れながら、日本の文化についても考え、魅力を発信し、現地の人と文化交流を図ることで世界的な視野を身につけたいです。
.

ランチミーティングの様子

社会科事前研修の様子


一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせ

FBJCの集い

教育方針教育の特徴学校生活部活動入学案内進学状況交通アクセス資料請求・お問い合せリンクプライバシーポリシーサイトマップ